[PR]

 6434人の犠牲者を出し、10万棟を超える建物が全壊――。地震防災対策の大きな課題を浮き彫りにした阪神・淡路大震災から17日で25年がたつ。震災を機に政府の地震調査研究推進本部(地震本部)ができ、観測網の整備が進んだ。地殻にひずみがたまり、地震を起こす仕組みが見えてきた。一方、活断層の調査結果を防災にどう生かすのか模索が続く。

拡大する写真・図版地震で横倒しになった阪神高速道路=1995年

地殻のひずみ、速くたまる場所

 日本列島の地下では地殻変動がつねに起こっている。ひずみがたまり、地震が起こる原因になっている。

 阪神・淡路大震災を契機に地震計などの高密度の観測網ができ、GPSなどで地殻変動をとらえるシステム(GNSS)の整備も進んだことで、ひずみが速くたまる場所が見えてきた。

 名古屋大の鷺谷威(さぎやたけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら