[PR]

 「この星は、私の星じゃない」と嘆きながらも、自分と向き合ってきた田中美津さん(76)=東京都在住=のドキュメンタリー映画が、24日から京都市南区の京都みなみ会館で上映される。1970年代に女性解放を目指したウーマン・リブ運動を率いた田中さんの言葉は重い。「女性解放は大事だけれど、私の解放はもっと大事」

 田中さんは幼いころ、性的虐待を受ける。「どうして私の頭の上にだけ石が落ちたの?」「私はなんてけがれた子だろう」と思い悩みながらも、70年に市民グループを結成。「リブ新宿センター」を拠点にウーマン・リブ運動を率いた。メキシコに渡り、未婚のまま出産。帰国後は鍼(はり)治療院を開院した。

 吉峯美和監督(52)はNHKのドキュメンタリー番組を通じて田中さんに出会い、2015年から4年間、田中さんに密着。鍼灸(しんきゅう)師としての日常から基地問題で揺れる沖縄の辺野古での活動までを追った。「沖縄の敵、辺野古の敵というのは本土の無関心。沖縄をこのままにして、私は死ねない」。田中さんの言葉を拾い、心の変遷に迫った。

 当時のウーマン・リブ運動の映…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら