新年恒例の「歌会始の儀」が16日午前、皇居・宮殿で開かれた。今年の題は「望」。天皇、皇后両陛下や皇族方、入選者10人らの歌が詠み上げられた。皇后雅子さまの出席は、2003年以来17年ぶり。

 天皇陛下は、子どもたちの将来が明るくあってほしいと願う気持ちを詠んだ。陛下は昨年6月、東京都港区の麻布保育園を訪れ、子どもたちが元気で遊ぶ様子を目にした。同年11月には、長女愛子さまが通う学習院女子中・高等科の文化祭で、中高生の生き生きとした姿を見た。これらを通して喜ばしく思ったことを歌にしたという。

 皇后雅子さまは、自然災害のたびに、被災地で高校生らがボランティアとして後片付けや復旧の手伝いをして、復興の希望と勇気を与えていることを頼もしく思い、歌に詠んだ。昨年は台風19号などで被災した宮城県丸森町と福島県本宮市を、2018年には、前年の豪雨で被災した福岡県朝倉市をそれぞれ訪れた。

 秋篠宮さまは、昭和天皇と香淳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く