[PR]

 三重県伊賀市の会社員、栗原健太朗さんは17日、25回目の誕生日を迎える。阪神・淡路大震災が起きる3時間前、神戸市須磨区の病院で生まれた。

 ただ、「オギャー」と泣くことも、自分で息をすることもできなかった。1890グラムの未熟児だった。生まれてすぐ、保育器の中に入れられた。「小さくしか産んであげられなくてごめんね」。母の純子さん(58)はそう思った。

拡大する写真・図版生後1カ月半の栗原健太朗さん=1995年3月(母の純子さん提供)

■「震災の日生まれか」試験官に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く