拡大する写真・図版記者会見後、撮影に応じる大河ドラマ「麒麟がくる」主演の長谷川博己さん=2020年1月16日午後4時44分、東京都渋谷区のNHK放送センター、黒田健朗撮影

[PR]

 19日に放送が始まるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の初回の完成試写会が16日、東京都渋谷区のNHK放送センターで開かれた。出演予定だった沢尻エリカ被告=麻薬取締法違反の罪で起訴=の影響で、撮り直しを迫られた本作。主人公の明智光秀を演じる長谷川博己さんは「真っ白になった」と、沢尻被告の逮捕の一報を聞いたときのことを振り返った。

 「本能寺の変」で知られる光秀が織田信長に見いだされ頭角を現していく姿を中心に、戦国時代の英傑たちの「ビギニング」を描く大河ドラマ。沢尻被告は光秀のいとこで、信長に嫁いでいく斎藤道三の娘・帰蝶の役で出演予定だった。

拡大する写真・図版記者会見に臨む大河ドラマ「麒麟がくる」主演の長谷川博己さん=2020年1月16日午後4時27分、東京都渋谷区のNHK放送センター、真野啓太撮影

 逮捕の知らせを受けたのは、昨年11月にあった「麒麟がくる」の取材会を終えた直後だったという長谷川さん。「そのときは本当に真っ白になったし、言葉も出なくって。ショックは受けました」と振り返った。

 帰蝶役はその後、川口春奈さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く