[PR]

 韓国国防省は16日、韓国陸軍の男性下士官が性別適合手術を行い、今後の任務が可能かどうかの審査を行うと明らかにした。下士官は手術後の診療のため、軍の病院に入院中という。支援する人権団体は、性別適合手術を理由に除隊させてはならないと訴えている。

 同省や人権団体によると、下士官は戦車部隊に所属。昨年12月に休暇を取得し、海外で性別適合手術を受けた。性別を女性に変更するための申請も裁判所に提出したという。下士官は女性として、所属部隊での任務継続を希望しているが、同省は医療的な観点から任務の可否について「関連法令に基づいて調査中」としている。

 今月下旬にも陸軍の審査委員会…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら