将棋名人戦・C級1組順位戦の8回戦で、藤井聡太七段が小林裕士七段に勝利。今期順位戦で負け無しの8連勝とし、B級2組への昇級まであと1勝と迫った=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(17)が16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第78期名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の8回戦で小林裕士(ひろし)七段(43)に77手で勝ち、開幕から負け無しの8連勝とした。全10局で、残りは2局。藤井七段は2局のうち1勝すれば、他の棋士の勝敗は関係なく、一つ上のB級2組への昇級が決まる。次の9回戦は2月4日。藤井七段は高野秀行(ひでゆき)六段(47)と対戦する。

 対局は午前10時に始まり、午後7時4分に終局した。

 終局後、勝った藤井七段は「(順位戦の)残り2局も気を引き締めて指したいと思います」と話した。「残り2局のうち1局勝てば昇級決定だが」という質問にも「これまでと変わらない気持ちで指せればな、というふうに思います」と落ち着いた様子で話した。2020年の抱負と目標を問われると、「今年は、さらに実力をつけて、タイトルに挑戦できるように頑張っていきたいというふうに思っています」と答えた。

 得意とする「後手番の一手損角換わり戦法」を用いたが、敗れた小林(裕)七段は「藤井さんは桂馬を使うのがうまい。(藤井七段が)早繰り銀(をする展開)なら、桂馬を使いにくい将棋になるかな、と思ったんですが……。全然ダメでした」と朗らかに振り返った。

 名人戦の予選にあたる順位戦は、上からA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組という5クラスに分かれている。

 今期C級1組には36人の棋士が参戦。昨年6月から3月まで1カ月に1局のペースで、それぞれ10局戦い、成績上位2人がB級2組に昇級する。昇級争いは、ただ一人8勝0敗の藤井七段を、7勝1敗の佐々木勇気七段(25)、及川(おいかわ)拓馬(たくま)六段(32)、石井健太郎五段(27)の3棋士が追いかける構図だ。

 前期順位戦の成績に基づいて決まる今期順位戦の順位は、藤井七段が3位、佐々木七段が14位、及川六段が32位、石井五段が34位。仮に同じ成績になった場合は、順位が上の棋士が優先される仕組みだ。(佐藤圭司)

終局後の一問一答

〈まず、勝った藤井七段に〉

――本局を振り返ると

藤井七段「お互い居玉(いぎょく…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら