[PR]

 6434人の命を奪い、約25万棟の住宅が全半壊した阪神・淡路大震災の発生から17日で25年になる。地震が起きた午前5時46分を中心に各地で追悼行事があり、街は鎮魂の祈りに包まれる。

 戦後初の大都市直下型地震だった。その後も国内で甚大な被害をもたらす災害が続発し、「大災害時代」の始まりと言われた。当時多くの人が被災地にかけつけ、「ボランティア元年」と呼ばれた。耐震改修促進法や被災者生活再建支援法ができるきっかけになり、災害への備えや支援のあり方を考える転機となった。

 神戸市中央区の東遊園地では17日に「1・17のつどい」がある。約5千本の竹灯籠(どうろう)などで「きざむ 1・17」の形をつくり、午前5時から火をともし、犠牲者を悼む。東京都渋谷区の代々木公園にも東京会場が設けられる。兵庫県公館で開かれる追悼式典には秋篠宮ご夫妻が出席し、献花する。

 神戸市の団体「市民による追悼行事を考える会」によると、震災25年関連の行事は60件で、5年前から50件減った。記憶の風化や被災者らの高齢化という課題が突きつけられている。(川嶋かえ)