[PR]

 英国が新しい通信規格「5G」の通信網に、中国の華為技術(ファーウェイ)の機器利用を認めるかどうかを近く判断する。英政府高官はメディアに採用容認を示唆しており、安全保障上のリスクを問題視する米国が反発。流れを変えたい中国も加わり、「舌戦」を繰り広げている。

 ジョンソン英首相は14日、5G整備について英BBCで「英国民は最高の技術にアクセスする権利がある」と述べた上で、「特定のブランドに反対するならば、代替案を示すべきだ」などと米国を牽制(けんせい)した。

 米国が一昨年から同盟国に同調を求める華為排除に対し、英国は5G整備に与える影響を検討してきたが、欧州連合(EU)離脱問題で結論を先送りしていた。ただ今月末の離脱へ道筋がついた最近になって、英情報局保安部(MI5)のトップが英紙に対し、5Gに華為機器を採用しても米国と諜報(ちょうほう)機関の情報を提供しあう「ファイブ・アイズ」の活動などに「影響する理由がない」と発言。政府は容認に前向きだとの見方が広がった。

 焦ったのは米国だ。13日に高官が英政府を訪れ、安全保障上のリスクを警告し、英メディアにも「(認めれば)狂気以外の何ものでも無い」などと語った。

 一方で、15日には米主導の流れを変える好機とみた中国が「参戦」。外務省の耿爽・副報道局長は定例会見で「英国は自主独立し、国益に沿った選択をしてほしい」と語った。

 5G整備の華為対応で米国に歩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら