[PR]

 全面衝突は回避した米国とイランだが、ウクライナ航空機の撃墜などで緊張が続いている。先行きが見通せない中、原油の9割を中東に頼る日本の対応も問われる。

自衛隊派遣、国会で説明を 石破茂さん

 私は、安倍晋三首相が今回、中東を歴訪されたことを支持しています。中東に信頼のある日本が、米国・イランの対立のエスカレートを抑えることに貢献するなら、それは極めて意味があります。

拡大する写真・図版石破茂さん

 できれば同時に米国にも行っていただきたかった。そもそもは米国が突如、イランとの核合意から離脱したところから始まっているからです。それが果たして正しかったのか。その検証は全く行われていません。

 ソレイマニ司令官殺害の正当性についても、ポンペオ国務長官が政権で徹底議論したと述べる一方、トランプ大統領がツイッターで、米国に差し迫った脅威があったかは「どうでもいい」と発信しました。これは一体どういうことでしょうか。信頼する同志として日本は米国に確認する必要があると考えます。

緊迫する中東情勢の本質は。記事後半では日本総合研究所会長の寺島実郎さん、日本エネルギー経済研究所研究理事の坂梨祥さんの見方もご覧いただけます。

 日本はまた、国連に対しても本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら