[PR]

 国家安全保障局(NSS)の北村滋局長は16日、モスクワ郊外のロシア大統領公邸でプーチン大統領と会見した。北村氏の訪ロは局長就任後初めて。停滞する日ロ平和条約交渉の打開をめざす狙いとみられる。

 会談でプーチン氏は日ロ関係が前向きに発展していると強調し、「(安倍晋三)首相といつ、どこで会談し、協議を続けられるか話し合いたい」と次回の首脳会談に意欲を示した。これに対し、北村氏は「日ロは東アジアの安全保障に責任を果たすべき国家。戦略的連携を強化し、相互に信頼できるパートナーを目指したい」と話した。

 北村氏は15日にはパトルシェフ安全保障会議書記と会談。日本の外務省によると、安全保障問題を含む全般的な日ロ関係や北朝鮮情勢、緊張する中東情勢などについて協議した。(モスクワ=石橋亮介)