[PR]

 2019年の自殺者は1万9959人(速報値)だったと17日、厚生労働省が発表した。前年より881人(4・2%)少なく、減少は10年連続。年間の自殺者が2万人を下回るのは、統計を始めた1978年以降で初めてだが、3月に発表予定の確定値では2万人を超える可能性もあるという。

 警察庁の自殺統計を基にまとめた。19年の自殺者は、男性が1万3937人、女性が6022人。人口10万人あたりの自殺者数は、過去最少の15・8人。政府は、26年までに先進諸国と同水準の13・0人以下にする目標を掲げている。都道府県別では、山梨が22・3人と2年連続で最も多く、秋田21・9人、岩手21・7人と続いた。

 これまで自殺者が最少だったのは81年の2万434人。厚労省によると、確定値は速報値よりも増える傾向にあるが、自殺者が2万人を上回った場合も過去最少になる可能性はあるという。年代別の自殺者数や原因・動機の分析などは、確定値にあわせて発表する予定。(久永隆一)