[PR]

 昨年7月の参院選で河井案里参院議員(自民、広島選挙区)の陣営が車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとされる疑惑をめぐり、公職選挙法違反(買収)の疑いが持たれている男性秘書が17日午前、広島地検に入った。同地検は男性秘書から報酬支払いの経緯について、事情を聴くとみられる。

 男性秘書は17日朝、広島市内の自宅を出る際、報道陣の問いかけに「捜査中のため、いまお話しすることができません」と答えた。同午前9時半前、広島市中区の広島地検が入る庁舎に無言で入っていった。

 男性秘書は、案里氏の夫で今回の疑惑が発覚後、法相を辞任した克行衆院議員(自民、広島3区)の元秘書。昨年の参院選で案里氏の選挙にも関わり、初当選後、秘書に就いていた。

 公選法と同法施行令は、選挙運…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら