[PR]

 自民党の河井案里参院議員や、夫で前法相の克行衆院議員の事務所や自宅などを広島地検が公職選挙法違反(買収)容疑で家宅捜索したことなどを受け、加藤勝信厚生労働相は17日の閣議後記者会見で、「長期政権のおごり等があるのではないかという指摘は、色々な場面でちょうだいしている。おごりや気の緩みがないようにしていく」と述べた。

 加藤氏は「常に新たな気持ちで、国民の皆さんの声をしっかり聞きながら、適切な対応や政策を打っていくことに集中していく必要がある」とも語った。

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件では、内閣府の元副大臣で衆院議員の秋元司容疑者=自民党を離党=が収賄容疑で逮捕されている。野党は、相次ぐ不祥事の背景には長期政権の構造的な問題があると追及している。