[PR]

 リニア中央新幹線静岡工区をめぐる県とJR東海、国の3者協議のあり方について、国土交通省の江口秀二技術審議官が17日、県庁を訪れ、他省庁の参加を求める県の要望に対して、参加を認めないとする回答書を難波喬司副知事に手渡した。

 県は昨年末、3者協議には国交省だけでなく、南アルプスの自然環境への影響を評価する環境省、大井川の灌漑(かんがい)施設を所管する農林水産省なども加わって議論すべきだとの要望を出していた。これに対し、国交省の回答書では「制度上の接点がなく、法令の手続き上も位置づけられていない関係省庁を当事者として参加させる提案の趣旨を十分に理解できない」として、参加を認めなかった。ただし、「必要に応じて国交省が関係省庁の知見を活用することも検討したい」とした。

 また、リニア工事による大井川の水への影響は「政策的というよりも、科学的・工学的な課題」とし、トンネル工学や水文学の専門家らによる有識者会議を立ち上げる意向を示した。

 会談後、難波副知事は「我々が求めていた回答とは違う」とし、20日に開かれる知事と流域10市町長との会談の場で、対応を協議する方針を示した。(阿久沢悦子)