[PR]

 「ダウンロード違法化」など、インターネットと著作権の問題が取り沙汰されることが増えています。SNSが広まり、大人だけでなく子どもも、簡単に文章やイラストを公開できるようになりました。著作権を侵害しないために、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

 著作権教育に携わる横浜国立大学の山本光(こう)教授と東京情報大学の松下孝太郎教授は昨年、子ども向けの「やさしくわかるデジタル時代の著作権」(技術評論社、全3巻)を著した。

 「運動会の応援ポスターにアニメのキャラクターを使ってもいいの?」「ブログやSNSに本の内容をのせてもいいの?」といった日常の場面に引きつけて、著作権の考え方を解説。著作権法が認めている「私的使用」の範囲や、違法でないもののモラルとしてやめた方がいいこともやさしく伝えている。

気軽な投稿、高額な賠償請求にも

 著作権について解説した大人向けの本はあるが、難解なものが多く、小中学生に理解できる本が必要だと考えた。彼らも「当事者」だからだ。

 写真や動画の撮影、SNSの情報発信が誰でも簡単にできるようになった。子どもも知識やモラルを身につけておかなければならないが、著作権についてきちんと学んだ親や先生は少なく、大人自身、知らずに権利侵害をしていることもある。

 松下さんはさらに、子どもが特…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら