[PR]

 サッカーJ2・アルビレックス新潟は17日、新加入したFW(フォワード)のファビオ選手(22)ら2選手が記者会見し、意気込みを語った。一方、昨季チーム2位の8得点を挙げたFWフランシス選手の退団も発表。28得点でJ2得点王に輝いたFWレオナルド選手も移籍しており、ファビオ選手が2人に代わる得点源になれるかが注目だ。

 ファビオ選手は昨年、ブラジル選手権2部でリーグ2位の15得点。「特徴はスピード。ディフェンスの裏に出たボールに相手より早く追いついてゴールを決めたい。30得点し、得点王を狙う」と力強く話した。

 同じく新加入のGK小島亨介選手(22)も取材に応じた。タイでのアジア選手権に出たU―23(23歳以下)日本代表に選ばれていた。「トップクラスの選手たちの中で練習もでき、得るものは大きかった。まず試合に出て、リーグ最少失点を目指してプレーしたい」と意気込んだ。2人は18日、高知でのチームのキャンプに合流する。

 一方、フランシス選手は8日に契約更新を発表していたが、一転してブラジルのボタフォゴFCに完全移籍すると発表された。「ブラジルに帰らないといけなくなってしまい、本当に悲しいです。住み心地がよく、気持ちよく試合ができる、素晴らしい場所でした」とコメントした。(谷瞳兒、高浜行人)