[PR]

 韓国のソウル東部地検は17日、文在寅(ムンジェイン)大統領の側近だった曺国(チョグク)・前法相を、同じく側近だった前釜山副市長の収賄事件に絡み、不正に関する情報を持ちながら、もみ消した職権乱用の罪で在宅起訴した。曺氏は家族の不正疑惑に絡んだ収賄などの罪でも、昨年末に在宅起訴されている。

 検察は、曺氏が大統領府の民情首席秘書官時代、前釜山副市長の不正に関する情報を大統領府による監察で得ながら、監察の中断を指示したとしている。

 検察は昨年12月下旬に逮捕状を請求したが、ソウル東部地裁は犯罪の嫌疑は認められるとしながらも、証拠隠滅のおそれはないとして棄却していた。曺氏は捜査の過程で一貫して容疑を否認している。(ソウル=神谷毅)