[PR]

 全日本アンサンブルコンテスト第40回岩手県大会(県吹奏楽連盟、朝日新聞社など主催)が19日、盛岡市の岩手県民会館で行われ、小学校の部10団体、高校の部33団体、職場・一般の部10団体が演奏を披露した。

 東北大会に出場する県代表には、小学校の部では真城(奥州)の金管八重奏と岩手大付(盛岡)の管打楽器八重奏の2団体、高校の部では宮古のクラリネット八重奏、一関一の打楽器六重奏、釜石の打楽器四重奏、黒沢尻北(北上)の打楽器八重奏の4団体、職場・一般の部では釜石市民吹奏楽団のサクソフォン三重奏が選ばれた。県代表の7団体はいずれも金賞を受賞。東北大会は2月9日に同会場で行われる。

 県代表以外の成績は次の通り。(出場順。管は管楽器、金は金管、木は木管、打は打楽器、管打は管打楽器、クはクラリネット、サはサクソフォン、フはフルート、トはトロンボーン。数字は例えば5とあるのは五重奏の略)

◇小学校…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも