[PR]

 5歳の船戸結愛(ゆあ)ちゃんが命を落とした東京都目黒区の児童虐待死事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里(ゆり)被告=一審で懲役8年の判決を受け控訴中=が、勾留中に書いた手記を出す。刊行する小学館が17日、発表した。タイトルは「結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記」。2月7日に発売する予定という。

 小学館の担当編集者によると、手記では、事件に至るまでの経緯や裁判中の出来事などをつづっているという。このほか、事件を取材したルポライターの杉山春氏の解説や、公判前に優里被告を診断した精神科医の意見書を収録する。

 担当編集者は、出版の狙いについて「本書を通じて児童虐待とDVの実相を知っていただくことで、こうした悲劇が今後二度と起こらないようにすることが筆者の心からの願いです」とコメントしている。優里被告は、印税を児童虐待に対処するために何らかの方法で寄付する意向だという。

 東京地裁の判決は、当時の夫=同罪などで懲役13年が確定=からの心理的暴力で、逆らいにくい状態になっていたと認定した一方で、「最終的には自らの意思で夫の指示を受け入れており、心理的に強固に支配されていたとは言えない」とした。(宮田裕介)