[PR]

 第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦・名古屋対局が18日午前10時に始まった。1回戦2局が行われ、深浦康市九段(47)が豊島将之名人・竜王(29)に、千田翔太七段(25)が屋敷伸之九段(48)にそれぞれ勝った。深浦九段と千田七段は、ベスト4入りをかけて午後2時からの2回戦を戦う。

 対局は名古屋市中区の朝日新聞名古屋本社朝日ホールで公開で行われる(18日は同ホールで対局観戦の当日券を販売します)。現地で行われる大盤解説会の模様や棋譜は朝日新聞デジタル(https://www.asahi.com/shougi/)で見られる(有料会員が対象)。

 豊島名人・竜王―深浦九段戦は、双方が再三ピンチをしのいで形勢の針が揺れ動く大熱戦。もう一局が決着した後も1時間以上続き、午後0時50分に深浦九段が179手で勝ちきった。深浦九段は「豊島名人・竜王とこれだけ長手数の戦いをできたので、自信を持って午後の戦いに臨みたい」と話した。千田七段は昨年に続く1回戦突破。2年連続の4強入りを目指す。

 朝日杯は持ち時間各40分で使い切ると1手1分未満で指す早指し戦。本戦は、予選を勝ち抜いた8人とシードの8人の計16人がトーナメントで争う。

現地の大盤解説会、中継します
藤井猛九段らの大盤解説をお伝えします。棋譜中継と一緒にお楽しみください。

 19日には3連覇を狙う藤井聡太七段(17)や三浦弘行九段(45)らが登場する。(村上耕司)