[PR]

 昨年6月に起きた大阪府警吹田署の交番襲撃事件で、一時意識不明の重体に陥った古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査(27)が20日から職場に復帰する。府警が17日、明らかにした。左腕を上げるとまだ痛みがあるものの、通院先の病院から体への負担が軽い業務であればとの条件で復帰が認められ、まずは吹田署の内勤から再スタートを切る。

 古瀬巡査は昨年6月16日早朝、大阪府吹田市の千里山交番前で、左胸など7カ所を包丁で刺された。肺の一部を摘出する手術を受けるなどして回復し、昨年11月に退院し、自宅療養をしながら歩行訓練などのリハビリを続けていた。