[PR]

 新郎新婦の新たな門出に合わせ、伝統工芸品の制作を体験してもらうビジネスが名古屋で始まった。発案したのは地元の高校生。衰退が心配される伝統工芸の魅力を、幸せな思い出とともに広く知ってもらいたいという。

 北名古屋市の伊藤工馬(たくま)さん(33)と明里さん(31)は2月1日に結婚式を挙げる。2人は思い出になるものを作りたいと考え、昨年11月、名古屋友禅のウェルカムボードを伝統工芸士の赤塚順一さん(62)と一緒に1日かけて作った。「職人さんと一緒に本格的なものが作れて、最高の思い出になった」と2人は喜ぶ。

 企画したのは、愛知県立愛知商業高校(名古屋市東区)の「ユネスコクラブ」。1~3年の女子生徒13人が地域活性化につながるビジネスを考える部活動だ。県内には名古屋友禅や常滑焼、尾張七宝など国が認める伝統的工芸品が多くあるのに、担い手や生産量が年々減っている問題を何とかできないかと考えた。

 部員たちは昨年4月、栄地下街…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら