拡大する写真・図版四国電力伊方原発3号機(上)=愛媛県伊方町、朝日新聞社ヘリから

[PR]

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを山口県の住民が求めた仮処分申し立てで、広島高裁は17日、運転してはならないとする決定を出した。森一岳裁判長は、原発付近に活断層がないとした四電の調査は不十分で、阿蘇山(熊本県)の大規模噴火時の想定も過小評価だと判断。原発の運転を差し止めた司法判断は、東京電力福島第一原発事故後は5件目で、うち高裁で2件目。

 3号機は定期検査で運転を停止中。仮処分はただちに法的拘束力を持つため、今後の司法手続きで覆らない限り、定期検査を終えても運転できない。期間は山口地裁岩国支部で係争中の差し止め本訴の判決言い渡しまでとした。四電は「到底承服できず、速やかに不服申し立ての手続きを行う」とするコメントを出した。今後、保全異議を申し立て、広島高裁で異議審が行われる見通し。

 申し立てたのは、伊方原発から50キロ圏内にある瀬戸内海の島の住民3人。山口地裁岩国支部が昨年3月、申し立てを却下する決定を出し、不服として広島高裁に即時抗告していた。

 即時抗告審で住民側は岩国支部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら