[PR]

 卓球の全日本選手権第5日は17日、丸善インテックアリーナ大阪で、男女シングルスの5、6回戦があり、8強が出そろった。東京五輪代表に内定した選手のうち、男子は2年ぶりの優勝を狙う張本智和(木下グループ)や丹羽孝希(スヴェンソン)、女子は3連覇をめざす伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)らが順当に8強入り。だが、平野美宇(日本生命)は、5回戦で17歳の出沢杏佳(茨城・大成女高)に敗れた。男子ダブルス準々決勝では水谷隼、大島祐哉(ともに木下グループ)組が、戸上隼輔、宮川昌大(ともに山口・野田学園高)の高校生ペアに敗れた。

痛恨の黒星、今後への糧

 五輪代表に内定してから初の大会で、2年連続となる5回戦敗退。早すぎる終戦に、平野は表情を曇らせた。「若い選手がどんどん強くなっている。もっと頑張らないと」

 相手は昨年の全日本のジュニア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら