[PR]

(悩みのるつぼ) 相談者

 30代女性です。就学前の息子を一人で育てています。

 妊娠中から夫の暴力が激しくなり、夫の出張中に、生後まだ数カ月だった息子を連れて実家に逃げ帰りました。精神的にほとんど外出できる状態ではなかったため、育休をとっていた会社を退職し、いったん仕事から離れました。現在は新しい職を得て頑張っています。

 別居から随分お金と時間がかかっていますが、まだ親権についてもめています。息子は「ママが一番好き」と言ってくれます。でも、怒ると手が出たり、大きな声を出したりします。保育園でもお友だちを嚙(か)んだりしているようで、先生に注意されます。手が出るところや大きな声を出すところは夫にそっくりで、我が子ながら嫌悪感を抱いてしまうこともあります。

 このような思いのまま、子育ては続けない方がよいのではないかと悩んでいます。子どもはわたしに懐いていますが、夫に渡した方がよいのでしょうか?

 多額の弁護士費用をかけ、息子の親権を得ても、けっきょく夫のような人間になったらと思うと、なんのために日々身を削って子育てをしているのか、わかりません。

 大学時代にフェミニズムを多少かじりまして、上野先生の本はなめるように読みました。上野先生にぜひお叱りをいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

回答者 社会学者・上野千鶴子

 大丈夫、このチコちゃんは叱ったりしません(笑)。

 夫のDNAがつながっていれば…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら