[PR]

 小児がんの子どもや家族を支援しようと、Every Little Thingや倖田來未さんらが出演するチャリティーライブ「LIVE EMPOWER CHILDREN 2020」が2月15日、都内で開かれる。がんを経験した息子を持つプロデューサーが企画した。この日は国際小児がんデー。「音楽の力で、小児がんの子どもたちを勇気づけたい」と呼びかける。

拡大する写真・図版小児がん支援のチャリティーライブを企画した保屋松靖人さん=東京都港区

 手がけたのは、エイベックス・マネジメントでアーティストを育ててきた、保屋松(ほやまつ)靖人さん(46)。2013年、当時小学6年の長男は、「おしっこが出ない」と訴えた。精密検査を受けると、膀胱(ぼうこう)にテニスボール大の腫瘍(しゅよう)があり、がんの一種、横紋筋肉腫と診断された。転移もしていた。「頭が真っ白になりました」と保屋松さん。インターネットや知人を介して情報を集め、米国の医師にも連絡をとった。手術に抗がん剤や放射線治療……。入院治療は約1年半におよんだ。

 抗がん剤の後には、髪が抜けて食欲が落ち、長男の小さな体はやせ細った。つらそうな表情を見て「自分が代わってあげたい」と何度も思った。幸い治療はうまくいき、再発もない。

拡大する写真・図版ライブに出演予定の「Every Little Thing」=エイベックス・マネジメント提供

 長男の入院中に出会った白血病の女児との間に、忘れられない思い出がある。自分が担当していたアーティストのファンだと知り、「早く治して僕たちのコンサートに来てね」と色紙に書いてもらい、手渡した。後日、女児の母から手紙が届いた。抗がん剤治療を泣いて嫌がっていたが、色紙を見て「病気を治す」と、進んで治療を受けるようになったという。

 「エンターテインメントの存在価値は、『誰かの生きる力になる』こと」。改めてそう思った。アーティストの励ましは、闘病中の子どもたちの力になる、と18年春、一般社団法人「Empower Children」を設立した。収益は、全国の小児がん拠点病院や支援団体を通じ、関連施設の拡充やがん治療の研究費に充てる。

拡大する写真・図版ライブに出演する倖田來未さん=エイベックス・マネジメント提供

 今回のライブは、病気のため来場できない子たちにも楽しんでほしいと、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)内で入院患者らを対象に同時配信する。今後、配信の場所を増やしていく予定だ。ライブの収益は全て、小児がんの拠点となる病院などに寄付する。

拡大する写真・図版ライブに出演予定のピコ太郎さん=エイベックス・マネジメント提供

 「LIVE EMPOWER CHILDREN 2020」は、午後6時から東京国際フォーラム(千代田区)で。Empower Childrenと朝日新聞社の共催。ピコ太郎さんや尾崎裕哉さん、木山裕策さんらも出演する。チケットは大人子どもの区別なく7500円(税込み)。18日から一般向けに販売する。詳細はホームページ(https://empower-children.jp/別ウインドウで開きます)で。(松浦祐子)