拡大する写真・図版チバニアン認定につながった地層=17日、千葉県市原市、福冨旅史撮影

[PR]

 千葉県市原市の養老川沿いにあるなんの変哲もない地層が、地球46億年の歴史に名を刻んだ。国際地質科学連合は17日、この地層が約77万4千~12万9千年前の地質時代の始まりを明示していると評価。この時代を「チバニアン(千葉時代)」と名付けることを決めた。今後はチバニアンが教科書に載ることになる。

 チバニアンが国際的に認められるよう調査してきた研究チームの岡田誠代表(茨城大教授)は「地元の方々や行政の応援でここまで来られた。はやりの言葉でいうと『ワンチーム・チバニアン』」と感謝した。

拡大する写真・図版笑顔で会見に臨む岡田誠・茨城大教授(左)ら研究チームのメンバー=17日、東京都立川市の国立極地研究所

 養老川沿いには、かつて海の底でたまった泥の厚い地層が陸上に現れている。「千葉セクション」と呼ばれるようになったこの地層に含まれていた火山灰から年代がわかり、鉱物には地球のN極とS極の逆転が記録されていた。

 房総半島には素晴らしい地層がある――。こうしたデータが詰まった地層であることは、国内の研究者には知られていたが、国際的な認知度は低かった。

■増水被害、土地の権利 押し寄…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら