[PR]

 福井県坂井市三国町崎の越前松島水族館で、深海魚「リュウグウノツカイ」が展示されている。生の状態でしか見られない鮮やかな銀白色で、全長2・88メートルの長い体に触れることもできる。20日まで。

 14日に高浜町の海岸に漂着しているのを通行人が見つけた。既に死んでいて、長い腹びれの1本が欠如しているなど損傷があることから標本には適さず、公開することになった。尾びれの先端も欠けており、実際は3メートル強あったとみられるという。

 詳しい生態はわかっておらず、県内では毎年1、2匹が網にかかったり海岸に流れ着いたりする程度。しかし、昨年夏には同館に6匹が持ち込まれたという。

 担当者は「体の銀白色やひれの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース