[PR]

地理A

 分量・形式・出題分野・難易度、いずれも昨年並みだった。

【大問数】5。変化なし

【設問数】34。変化なし

【マーク数】34。変化なし

【難易度】昨年並み

【全体概観】

<分量>

 大問数は例年通り5題である。設問数とマーク数は前年同様、ともに34である。

<形式>

 組み合わせ式の設問は前年と同じ11問(うち6択式7、4択式4)。図版数は前年と同じ28点となったが、そのうち写真資料は前年より一つ減って3点であった。

<構成と内容>

 各大問の設問数・解答数、配点は前年から変わらなかった。

第1問は4年続けてAとBに分かれ、Aは「地理の基礎的事項」、Bは「日本の自然環境と防災」であった。

 第2問も4年連続して「世界の生活・文化」に充てられた。

 第3問は地誌の大問であるが、「ヨーロッパ」が扱われたのは2006年以来である。

 第4問は2018、19年同様に「世界の結びつきと地球的課題」の分野から出題された。

 第5問は、例年通り地理B(第6問)との共通問題となる「地域調査」であった。

<難易度>

 いずれも高校地理に関する標準的な知識や図表を読み取る力を要求する問題であり、総合的な学力が求められる。常識的に判断しやすい設問も多いが、やや細かい知識を要する設問もあり、昨年並みの難易度だったと思われる。

設問別分析

【第1問】地理の基礎的事項および日本の自然環境と防災

 例年同様に、図や写真などを多用して基礎的な知識を問う総合問題である。A・B二つの分野を組み合わせており、全体として標準的な大問である。

問1 時差計算に関する文章の空欄補充組み合わせ。方位に注意。

問2 4地点の土壌を説明する文章の判別。J付近はチェルノーゼム。

問3 4地点の季節別降水量グラフの判別。ケ付近は南半球のサバナ気候。

問4 3地点のプレート境界に関する説明文の判別組み合わせ。海嶺(かいれい)と海溝の区別がポイント。

問5 4地点の景観写真の判別。チはタワーカルストの桂林(コイリン)。

問6 自然災害に対する備えに関する文章の正誤判定組み合わせ。常識問題。

問7 日本各地の気象に関する統計地図の判別組み合わせ。ラとルの判別が鍵。

問8 新旧地図による変化や予測に関する説明文の判別。複雑に見えて単純。

【第2問】世界の生活・文化

 4年続けて同じ分野からの出題であった。標準的な知識を活用することで高得点を目指したい。

問1 3作物の供給量に関する統計地図の判別組み合わせ。ライ麦は寒冷地。

問2 4カ国の品目別食料供給に関するグラフ判別。熱帯アフリカは芋類。

問3 各国の民族や宗教に関する説明文の正誤判定。④は昨年のW杯で見た?

問4 3カ国の使用言語に関する表の判別。いずれも頻出の多言語国家。

問5 異なる宗教を信仰する隣国ペアの選択。ヒンドゥー教とイスラーム。

問6 日本の都市と姉妹都市提携する4都市の説明文判別。うそは冗舌になる。

問7 世界遺産に関する文章の空欄補充組み合わせ。ダージリンは紅茶の銘柄。

【第3問】ヨーロッパ地誌

 「新大陸」からの出題が3年続いていたが、本年は2006年以来のヨーロッパが取り上げられた。やや細かい地誌の知識が必要となる。

問1 4地点の地形に関する説明文の正誤判定。スカンディナビア山脈は古期。

問2 4地点の雨温図判別。イは年中偏西風の影響下にある西岸海洋性気候区。

問3 食文化・農業生産に関する説明文の正誤判定。夏は高地が過ごしやすい。

問4 4カ国の発電源割合グラフにおける発電源の判別。全て特徴のある国。

問5 4カ国の賃金水準と乗用車生産との相関・変化の統計判別。面白い1題。

問6 住民がカトリックを信仰する国の選択。ラテン系民族。単純な設問。

問7 4都市の水辺の景観写真の判別。ドックランズの再開発は頻出事項。

【第4問】世界の結びつきと地球的課題

 3年続けて「地球的課題」と「世界の結びつき」との組み合わせで出題された。6問中5問が統計の判定であり、時間をかけて丁寧に解きたい。

問1 4空港に関する統計データの判別。韓国は国土が小さいので…。

問2 4カ国間の訪問客数を示す流線図における国名判別組み合わせ。米英の関係の深さが決め手。

問3 経済水準と送金受取額に関する相関図の判別。貧国は出稼ぎ者が多い。

問4 3指標の統計地図の判別組み合わせ。カ・キの判断を丁寧にしたい。

問5 プラスチックごみの排出量グラフの判別。②と③の判別がポイント。

問6 世界の環境問題への取り組みに関する文章の正誤判定。用語に注意。

【第5問】地域調査(山梨県甲府盆地周辺)

 例年通り地理B(第6問)との共通問題である。会話文形式の出題が定着した一方で、3年続いて新旧地形図の比較が出題されなかった。全体として、常識で対応できる取り組みやすい問題が並んでおり、取りこぼしは避けたい。

問1 3地点の気候に関する資料の判別組み合わせ。頻出の内容・形式。

問2 鳥瞰(ちょうかん)図における方位選択。特別な知識は不要で、きわめて易しい。

問3 地形図中の土地利用に関する説明文の正誤判定。四つとも決めれば楽。

問4 養蚕業に関する資料に関する会話文の適語補充。常識で判断可能。

問5 小売店の分布を示す統計地図に関する説明文の正誤判定。読めば分かる。

問6 人口統計に関する説明文の正誤判定。人口増加=社会増加+自然増加。

新高3生へのアドバイス

◆センター試験地理Aの特徴

 2021年からの共通テストですが、地理Aでは試行テストは実施されず、代わりに参考問題例が公表されました。この問題をみる限り、内容・形式面ではセンター試験と大きな違いはないようです。

 過去のセンター試験地理Aでは、教科書や学習指導要領の内容に沿って、生活・文化や地球的課題などの重要事項や、地理的な技能(地図や写真、統計の読み取りなど)の習熟度を、多角的に幅広く問う出題がなされています。地理Bの出題と内容面で比較した場合、地理Aでは「地理的技能と調査」「世界の生活文化と環境」「近隣諸国の生活と文化」「地球的課題と国際協力」といった単元が重視されていることに注意しましょう。

 地域としては、地理Bと同様に身近な地域を含みつつ、日本の諸都市をはじめとして世界各地の問題がバランス良く配置されています。また、細かい知識を問うような設問よりも、地図や写真、統計など各種資料の読み取りと関連づけた出題が多くなっています。つまり、基礎的な知識をベースとした情報処理、思考、判断の能力を試す出題が中心となっているといえます。

 このようなセンター試験における傾向は、共通テストの参考問題例においてさらに強まっています。「学習課題についてグループで調べてまとめ、成果を発表する場面」などの設定のもとで、地理的思考力や資料の読み取り技能を重視した問題の割合が多く、その結果、複数の判定を組み合わせた形式の設問が中心となっています。用語や地名を詰め込むだけの学習は、これまで以上に用をなさなくなるでしょう。

◆日ごろから世界の動きに関心をもつこと

 このような出題傾向に対し、断片的な知識の丸暗記では対応できません。知識と知識のつながりを意識した学習の積み重ねが必要です。特に、貿易や人的交流などの国家間の結合に関する「統計」の理解は重要です。数値を覚えるのではなく、統計の背後にある意味を考える習慣を身につけましょう。また、衣食住など世界各地の民族や文化に関する広い素養をつくっていきましょう。そのためには、テレビのクイズ番組やニュース、新聞記事などへの日ごろからの関心も求められます。

◆写真・地図資料にも注意しよう

 地図や図表などの資料、特に写真を使った出題の割合が高いセンター地理Aの傾向は共通テストにも引き継がれるはずです。写真利用問題については、資料集に掲載されている世界各地の景観、民族衣装、家屋などの写真を普段から意識して見るようにすることが有効です。自分が知らない地名が出てきた際には、必ず地図帳を開き、その位置を確認する学習を徹底するようにしましょう。

◆独特な出題形式に慣れることが大事

 統計問題・地形図の読図問題や組み合わせ式の6択問題など、独特な出題形式への慣れも欠かせません。問題の質や量と試験時間を見比べると、本番ではけっして時間的なゆとりはありません。5年分程度のセンター過去問演習はもちろんですが、東進の共通テスト本番レベル模試(地理Bの受験によって十分に地理Aの対策になる)を定期的に受験して、(1)頻出項目のマスターと最新傾向の把握、(2)出題形式への順応、(3)時間配分のトレーニング、といった点を強化することをおすすめします。

新高2生へのアドバイス

◆「地理A」という科目の特徴

 地理Aは、地理Bと比べて高校での単位数が少ないので、「範囲がせまくて易しい」と考えられがちです。しかし、過去のセンター試験での出題を比較した場合、地理Aが易しいとはいえません。地理Aは地理Bと比べて受験者数が極端に少なく、平均点の単純な比較には意味がありません。両者に共通問題があることなどを考慮すると、難易度の差はないと思われます。したがって、安直な考えで地理Aを選択するのは考えものです。参考書や問題集の多くは「地理B用」になっているため、学習の便宜や情報の面で苦労する可能性もあります。それでも地理Aのほうが合っているという人は、ぜひチャレンジしてください。上手に学習すれば地理Bよりも早くマスターできる可能性があります。

 なお、2021年度から行われる「大学入試共通テスト」の試行調査において、地理Aは実施されませんでしたが、代わりに参考問題例が公表されています。現行のセンター試験と大きな違いはないものの、シンプルな知識問題よりも論理的な思考力や資料の読み取り技能を重視した組み合わせ式の設問が増えるようです。

◆今のうちにやっておきたいこと

(1)一通りのことが書かれた本を読んで、地理という科目の「雰囲気」をつかんでおきましょう。いきなり教科書を読むのが難しい場合は、『山岡の地理B教室』(東進ブックス)のような入門書を利用してください。なお、地理Aの学習内容の多くは地理Bの各単元に含まれているので、参考書や問題集は地理B用のものである程度代用できます。

(2)地図帳に慣れておきましょう。地理における地図帳は、英語学習における辞書のような存在です。各地方の並び順、地図上のさまざまな約束、索引の使い方、などを体で覚えておきましょう。知らない地名が出てくるたびに地図帳を開く習慣を身につけてください。

(3)東進では「ベーシック地理」など、基礎レベルの講座を用意しています。これらを高2のうちに受講しておけば、無理なく高3での対策学習につなげられるでしょう。

(4)さまざまなメディアも利用しましょう。テレビの特集、クイズ番組、ニュースなどや新聞の国際面の記事、インターネットで得られる情報などを積極的に活用することで見識を広げてください。世界各地域の生活や文化が多く問われる地理Aの場合、学習を進める上で有利となるでしょう。

 そして、「地理は暗記科目ではなく、考える科目である」ことをしっかり理解しておきましょう。地誌の知識が重視される地理Aにおいても、学習の決め手は「理屈で考える」ことです。(東進ハイスクール提供)