[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日の記者会見で、公職選挙法違反疑惑で経済産業相を辞任した自民党の菅原一秀衆院議員に関連し、「安倍(晋三)首相が任命した閣僚が疑惑を持たれ辞任して、一切説明してこなかった。首相自身の責任だ」と批判した。

 菅原氏は通常国会が始まる20日に報道陣に何らかの説明をする意向を自民党幹部に伝えている。枝野氏は「説明の中身によって、安倍政権そのものに対してしっかりと追及していきたい」とも語った。枝野氏は公選法違反(買収)容疑で家宅捜索を河井案里参院議員とともに受けた夫の克行前法相にも言及。記者団の取材に応じた克行氏が捜査を理由に詳しい説明を避けたことを「何の説明にもなっていない」と批判した。

 一方、国民民主党との合流については、枝野氏が求めてきた通常国会前の決着が事実上不可能になっている。「(国民から)『ご一緒になりたい』と、国会が始まった後にもお答えをいただけるなら、そこからまたスタートできる」と述べたものの、「立憲民主党としてできることは全部やった。こちらとしては協議する中身がないので、国会論戦に集中する姿を見せるべきだ」と譲歩しない姿勢を改めて示した。(及川綾子)