【動画】将棋の朝日杯・名古屋対局を前に抱負を語る藤井聡太七段=村瀬信也撮影
[PR]

 第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦・名古屋対局の2日目が19日午前10時、名古屋市中区で始まった。前回まで2連覇中で本戦シードの藤井聡太七段(17)が初戦を戦っている。

 本戦は2次予選を勝ち抜いた8人とシードの8人の計16人がトーナメントで戦う。17日に東京で行われた対局で第2回優勝の阿久津主税八段(37)が、18日の名古屋対局1日目で前回4強の千田翔太七段(25)が準決勝進出を決めた。

 19日の1回戦は藤井七段―菅井竜也七段(27)戦と三浦弘行九段(45)―斎藤慎太郎七段(26)戦。藤井七段は初出場だった第11回と第12回で優勝。朝日杯は14戦無敗で圧倒的な強さを誇る。菅井七段は元王位で、朝日杯では第6回準優勝の実績がある。藤井七段は18日、朝日新聞の取材に応じ、「菅井七段は早指しが得意で、決断良く指してこられる印象がある。自分のペースでしっかり指せれば。(3連覇は)意識せず、今まで通り落ち着いて対局に臨みたい」と話した。三浦九段と斎藤七段も共にタイトル獲得経験があるトップ棋士で、豪華な顔ぶれがそろった。この2局の勝者が、午後2時から4強入りをかけて対戦する。

 対局は名古屋市中区の朝日新聞名古屋本社朝日ホールで公開で行われる。観戦と、現地の大盤解説会のチケットは完売した。藤井猛九段と杉本昌隆八段らによる解説会の模様や棋譜は朝日新聞デジタル(https://www.asahi.com/shougi/)で見られる。(村瀬信也

大盤解説会と棋譜、ライブ中継
チケットが完売した大盤解説会の様子は、こちらでご覧頂けます。藤井猛九段や杉本昌隆八段が、藤井聡太七段の対局を解説します。