[PR]

 岩井俊二監督の新作映画「ラストレター」に出演し、主題歌「カエルノウタ」も歌う大分県出身の俳優・森七菜(なな)さん(18)が19日、CDの発売を記念して大分市のパークプレイス大分で歌声を披露。詰めかけたファンに「よく来るパーク(プレイス)で歌わせてもらえるとは思ってもみなかった。知っている顔もちらほらいて、不思議な気持ち」などと語った。

 森さんは県内の高校に在学中。昨年、民放ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」での演技が話題になったほか、新海誠監督の大ヒットアニメ映画「天気の子」では、ヒロインの陽菜の声を演じた。

 ラストレターは、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の男女の恋愛を描いた作品。森さんは時を隔て性格も異なる2役を演じるという、難しい配役を任された。カエルノウタは岩井監督が作詞。森さんはファンを前に澄んだ柔らかい歌声を響かせた。

 大分と東京を行き来しながら芸能活動を続けてきた森さんだが、卒業を機に春からは東京に拠点を移す予定。「(大分を)心のよりどころにしていたところがあるが、卒業すると帰ってくる理由もとうとうなくなる。自分の心がどうなっていくんだろうというのは、不安でもあり、楽しみでもあります」と話した。(寿柳聡)

関連ニュース