[PR]

 卓球の全日本選手権は19日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で女子シングルス準決勝があり、19歳の伊藤美誠(スターツ)が同い年の早田ひな(日本生命)に3―4で敗れ、史上初の3年連続3冠はならなかった。

 前日のダブルスでペアを組んで3連覇を達成した2人は、昨年と同じく準決勝で顔を合わせた。立ち上がりから台を広く使った早田の攻めに苦しみ、第1ゲームを9―11、第2ゲームを7―11で落とした。だが、ここから伊藤の真骨頂の多彩なレシーブが光り始め、第3ゲームを11―6、第4ゲームを11―9とし、振り出しに戻した。

 ここから一進一退の攻防。激しいラリー戦になり、第5ゲームは10―12、第6ゲームは11―4とし、最終第7ゲームに進んだ。伊藤は4―4から4連続失点。最後はサーブをミスし、7―11で敗れた。

 決勝進出を決めた早田は「伊藤選手の幅のある攻撃をしのいで得意なラリーに持ち込み、自分から先手をとれるようにした。決勝はすごく楽しみ。自分らしいプレーをして頑張りたい」と話した。