大学入試センターによると、センター試験の最終日となる19日、会場となった神戸女子大(神戸市)の1試験場で、数学①の試験時間が25秒短くなるミスがあった。試験監督が開始のチャイムが鳴り終わるのを待って試験開始の指示を出したためで、本来は鳴り始めと同時に開始することになっていた。

 試験場にいた受験生47人のうち希望者がいれば再試験に応じる。センターは、20日午後5時までに申し出るよう呼びかけている。

 試験は60分間で、午前11時20分に開始予定だった。終了時刻は正しかったため、本来より25秒短い試験時間になった。複数の受験生から指摘があり、判明した。

 再試験は1週間後の26日の予定で、病気やけがなどで本試験を受けられなかった受験生が受ける追試験の問題を使うという。(宮崎亮