[PR]

 第43回朝日アマチュア将棋名人戦(朝日新聞社主催)の山陰ブロック大会が19日、松江市の法吉(ほっき)公民館であった。決勝で松江市古志町の会社員、藤井真司さん(59)が湯梨浜町の保育士、橋嵜卓万さん(21)を破り、12回目のブロック代表に決まった。藤井さんは、3月に東京で開かれる全国大会に出場する。

 昨年12月にあった鳥取、島根両県大会を勝ち抜いた計4人がトーナメントで戦った。藤井さんは「相手は鳥取の強豪。楽な相手ではなかった」と決勝を振り返った。第37回全国大会で4位に入った実力者だが、全国大会について「ここのところレベルが上がっていて、誰とやっても大変。何とか1回戦を突破したい」と話した。

 成績は次の通り。(前が勝ち。敬称略)

 【準決勝】藤井真司(島根)―佐々木学(鳥取)、橋嵜卓万(鳥取)―嘉本京太(島根)【決勝】藤井―橋嵜(小西孝司)