[PR]

化学基礎

 大問数は2題、設問数は13で変化なし。マーク数は16から15に減少した。化学基礎の教科書の内容が偏りなく出題された。教科書の発展内容からは、出題されなかった。単なる知識だけでなく、実験操作の理解や生活に関わる物質を題材とした問題が出題された。

【難易度】難化

【全体概観】

 大問数は2題、設問数は13で2019年と変化はなかった。マーク数は15で、昨年よりも1つ減少した。また、大問ごとのマーク数は、第1問で2つ減少し、第2問で1つ増加した。解答に計算が必要な問題は4題であり、昨年と同様であった。特に目新しい問題はなく、これまでのセンター試験でも類似の出題が見られる。昨年の第1問問4や第2問問5などのような細かな知識を問う問題は見られないが、中和滴定で、酸と塩基の両方の試薬を決定する、複数要素を処理する問題もあったため、全体として難化した。過去問をもとにきちんと対策してきた受験者は比較的実力を出しやすい問題であっただろう。

設問別分析

第1問

問1 原子やイオンの電子配置を問う問題であった。各元素の原子番号と周期表がきちんと覚えられていれば正解できる。

問2 周期表の元素の分類に関する問題であった。典型元素と遷移元素がきちんと分類できるかがポイントである。 

問3 分子の極性を問う問題であった。各分子の形を覚えていたかがポイントである。エタノール分子の形は知らなかった受験者も多かったと思われる。

問4 物質の状態に関する問題であった。物質の状態変化や構成粒子の熱運動に関する基本的な知識を基に判断する。

問5 蒸留装置に関する問題であった。蒸留を行うときの主な注意点を覚えていたかがポイントである。

問6 物質量に関する問題であった。硫酸シュウ酸カルシウム二水和物の質量から、水溶液中に存在していたカルシウムイオンの物質量を計算すれば、CaCl2の物質量を求めることができる。

問7 生活に関わる物質に関する問題であった。教科書で扱われている基本的な物質の用途、所在などを整理できていたかがポイントである。

第2問

問1 天然に存在する塩素分子の割合に関する問題であった。質量数35の塩素原子と質量数37の塩素原子の割合を基に、質量数35の塩素原子二つから成る塩素分子の割合を求めることができる。

問2 溶液のモル濃度に関する問題であった。はじめの水溶液に溶けていたNaNO3の物質量と加えたNaNO3の物質量の合計が、得られた水溶液に溶けているNaNO3の合計であることに着目すれば求めることができる。

問3 中和滴定に関する問題であった。滴定曲線から中和点のpHを読み取れば、用いた酸と塩基の強弱が判断できる。また、滴定開始時の水溶液のpHと、中和点に達するまでに加えた水溶液Bの体積をグラフから読み取ることで、正解を求めることができる。

問4 塩の水溶液の性質に関する問題であった。各塩の水溶液の性質に関する基本的な知識を基に判断する。pHと水素イオン濃度の大小関係は逆であることに注意する必要がある。

問5 化学電池(電池)に関する問題であった。化学電池に関する基本的な知識を基に判断する。燃料電池に関しては盲点になっていた受験者が多かったと思われる。

問6 金属の溶解に関する問題であった。金属のイオン化傾向の大きさ(イオン化列)と金属の反応に関する基本的な知識を基に判断する。

新高3生へのアドバイス

◆はじめに

 皆さんの学年から、大学入学共通テストの受験がスタートします。新しいテストのため、不安を感じている人も多いと思います。しかし、共通テストの試行調査では「化学基礎」の教科書の内容をきちんと理解することができていれば十分に対応できる問題が出題されており、何か特別な対策をする必要はありません。教科書の内容を理解することを中心に、計画的に学習を進めていきましょう。

◆大学入学共通テスト化学基礎で予想される設問

 近年のセンター試験や大学入学共通テスト試行調査では、「身のまわりの物質・現象」に関連させた出題が多くみられます。この傾向は今後も続くと思われるので、普段の学習から身近な物質と現象を関連付けることを意識しておくとよいでしょう。また、試行調査では、センター試験に比べてやや文章が長い設問がみられました。読解力も必要になるため、普段から化学に関する文章を「読むこと」も意識して学習を進めましょう。

◆1学期のうちに化学基礎を一通り復習しよう!

 2年生までに「化学基礎」の学習は一通り終えている人も多いと思います。ただし、教科書のはじめの方の内容は忘れてしまっている部分もあるのではないでしょうか。センター試験の過去問や共通テスト模試などの実践的な問題演習を積むことも大切ですが、その一方で、教科書の内容を一通り復習し直すことも重要です。まずは教科書の内容を復習し、基礎的な問題集などを使って演習も行いながら学習を進めて下さい。そして、高3の1学期のうちに教科書の復習を終え、夏からは実践的な問題をどんどん解いていきましょう。

◆模試を活用しよう!

 東進の「共通テスト本番レベル模試」は、過去のセンター試験と共通テストの試行調査をもとに出題内容や問題レベルを分析して作られており、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施されます。これらの模試を活用することで、問題の傾向を把握し、現状で自分に足りていない部分を把握することができます。うまく活用し、来年の本番に向けて十分な学力を身に付けていきましょう。

新高2生へのアドバイス

◆はじめに

 「化学基礎」の教科書の内容はそれほど多いわけではなく、2年生までに一通り学習を終える高校もあると思います。そのため、低学年のうちから受験を意識して計画的に学習を進めていけば、3年生になる前にある程度の学力を身に付けてしまうことが可能です。3年生になってからでは、色々な教科の学習に追われ、十分に時間がとれないことも考えられるので、2年生のうちに一通りの学習を終えてしまいましょう。

◆大学入学共通テスト化学基礎で予想される設問

 近年のセンター試験や大学入学共通テストの試行調査では、化学基礎で学習する内容と「身のまわりの物質・現象」を関連付けた問題が多く出題されています。また、教科書の章末問題や基礎的な問題集にはないような、やや文章が長い設問もみられるので、普段から化学に関する文章を「読むこと」も意識して勉強するようにしましょう。

◆化学物質と物質量に慣れよう!

 化学基礎の学習を進めていく上で、頻繁に出てくる物質の名称や化学式はある程度覚えておく必要があります。さらに、物質を構成する原子や分子の構造などを常に頭の中でイメージすることも大切です。また、化学基礎の内容は、一度触れただけではなかなか習得することはできないため、日頃から基礎的な問題を解くなどして、少しずつ慣れていくことが大切です。特に、化学基礎では物質量(モル)を用いた計算問題が出されます。決して複雑な問題ではありませんので、まずは物質量(モル)の意味を正しく理解し、易しい問題の練習からはじめて下さい。

◆模試を活用しよう!

 東進の「共通テスト本番レベル模試」は、過去のセンター試験と共通テストの試行調査をもとに出題内容や問題レベルを分析して作られており、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施されます。積極的に受験し、万全の態勢で2年後の本番を迎えられるようにしましょう!(東進ハイスクール提供)