沖縄)皮からうまいと言われるイノシシ 「幻の逸品」

有料記事

沖縄タイムス
[PR]

 沖縄県西表島では野生イノシシのわな猟が盛んだ。太平洋戦争前に台湾から伝わったとされ、猟場にある木や竹などを利用したはねわな猟が主流という。

 狩猟期間は11月15日~2月15日。ターゲットはリュウキュウイノシシだ。本州や他の島に比べて小ぶりで臭みがなく、地元では刺し身としても食されている。

 本州では通常、固い皮を取り除いた肉が流通するが、リュウキュウイノシシは皮と脂にうま味が凝縮されており、島では皮ごと食されている。「皮がうまい」ことからイノシシは「カマイ」と呼ばれ、「幻の逸品」として1キロ4千円くらいから取引されている。

 カマイが捕れると、足をかず…

この記事は有料記事です。残り160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。