[PR]

 19日午前10時15分ごろ、大阪市平野区の市営住宅で、「9階から女の子が落ちた」と母親を名乗る女性から119番通報があった。近くに住む生後7カ月の女児が敷地内の公園で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 平野署は同日夜、女児に対する殺人容疑で、女児の母親(36)を逮捕し、発表した。「娘から手を離したことで落ちたが、突き落としてはいない」と容疑を否認しているという。

 署によると、市営住宅は11階建て。女児は高層階の階段から転落死したとみられる。階段には高さ約1・2メートルの壁があった。署は母親の刑事責任能力の有無について調べる。