【独自】狙いは中間管理職の端末 三菱電機を周到に攻撃

有料記事

内藤尚志 編集委員・須藤龍也
[PR]

 日本の防衛産業や重要な社会インフラを支える大手総合電機メーカー三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受けていた。外部に流出した恐れがある情報は、防衛関連のほか、人工衛星や電力、通信、鉄道会社のシステムに関するものなど広範囲に及ぶ。安全保障や国民生活への影響が懸念される。

 関係者によると、三菱電機が社外からの不正アクセスの疑いに気づいたのは昨年6月下旬。情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)のサーバーで不審なファイルの動作を検知したのが端緒だった。同じファイルが中国の拠点や他の複数の拠点でも見つかったため、大規模なサイバー攻撃を受けた可能性があるとみて本格的な調査に乗り出した。

 本社が社内の本部や事業本部…

この記事は有料記事です。残り1953文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。