「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声で、巨大な草履に乗せられた女性が宙を舞った=長沢幹城撮影
[PR]

 五島列島の福江島(長崎県五島市)に伝わる国重要無形民俗文化財の祭り「ヘトマト」が19日、同市の白浜海岸一帯であった。

 子孫繁栄や豊漁・豊作を願う小正月行事。体に「ヘグラ」と呼ばれるすすを塗った締め込み姿の青年たちが長さ約3メートル、重さ約300キロの大草履を担いで町を練り歩き、見物している未婚女性を上にのせ、「ワッショイ、ワッショイ」と胴上げした。大草履は悲鳴とどよめきの中を進み、最後に山城神社に奉納された。

 新婚の女性による酒だるの上での羽根つきや、青年らがワラ製のまりをラグビーさながらに奪い合う「玉蹴り」などの出し物もあった。青年たちは見物に夢中になっている観客の顔にヘグラを塗りつけ、逃げ回る子どももいた。