[PR]

生物

 知識問題が増加した。実験考察問題が平易なものが多いが、解きにくいものが散見され,難化。

【大問数】変化なし

【設問数】増加

【マーク数】増加

【難易度】難化

【全体概観】

 昨年と同様に、大問数は6題であり、第6問と第7問が選択問題である。設問数は第6問、第7問どちらを選択しても30問であり、昨年の26問よりも増加した。マーク数は第6問では34、第7問では35と,昨年(32)よりも増加した。知識問題は、生物の教科書の内容を押さえておけば解ける平易なものが多かったが,分量が増加した。実験考察問題の分量が多く、図・表などデータの量が増え、処理に時間がかかるだろう。また,実験の解釈が難しいものが散見され、全体として難化した。

設問別分析

【第1問】生命現象と物質(オペロン、細胞周期)

 Aはラクトースオペロンと真核生物の転写調節に関する知識問題、Bは細胞周期に関する知識問題と実験考察問題である。全体に易しめである。問1~3は教科書レベルの知識があれば解けるだろう。問4は、細胞数が2倍になる目盛りを読めるかどうかが勝負。問5は図2のグラフ1を二次・私大の過去問で練習していれば難しくはない。

【第2問】生殖と発生(ホヤの発生、花のABCモデル)

 Aはホヤの発生運命の決定に関する実験考察問題、Bはアサガオの花の形成とABCモデルに関する知識問題である。Aの実験結果の解釈が難しく得点差がついたであろう。問1は易しめの知識問題である。問2、問3は実験結果の解釈が難しく、大きく得点差がついたであろう。問4、問5は、考察問題のようであるが、ABCモデルの基礎知識があることが前提になっているので、覚えていないと大きく失点したであろう。

【第3問】生物の環境応答(視覚、神経、筋収縮、カイコガのフェロモン、植物ホルモン)

 Aは視覚、神経系、筋収縮に関する知識問題とカイコガのフェロモンに関する実験考察問題である。全体に易しめである。問1、問2は、教科書レベルの知識問題、問3の実験考察問題は、易しめであり、得点差がつかなかったであろう。問4、問5は、選択肢の文章が平易であり、図1、図2と照らし合わせていけば正答にたどりつけ、難しくはない。問6は、易しい教科書レベルの知識問題である。

【第4問】生態と環境(個体群、種間関係)

 Aは個体群に関する一問一答式の知識問題であり、Bは個体群の間接効果に関する実験考察問題である。全体に易しめである。問1~問4は、教科書レベルの知識があれば解ける。問5は実験の内容だけを見ると解釈が難しいが、正答にたどりつけるように誘導されているので、見かけほど難しくはないだろう。

【第5問】生物の進化と系統(進化のしくみ、集団遺伝、遺伝子突然変異、植物の系統)

 Aは進化の知識問題、集団遺伝の計算問題、遺伝子突然変異に関するデータ考察問題、Bは、植物の系統に関する知識問題である。教科書のすみずみまで覚えておかないと失点する内容で、比較的得点差がついたと思われる。問1は突然変異の大部分は中立であることを知っていないと失点するだろう。問2は、簡単な計算問題である。問3は、非同義置換が起こるほど、生存必須のタンパク質ではないことが理解できないと正答できず、大きく得点差がついたと思われる。問4は易しめの知識問題である。問5はクックソニアと地質時代に関する知識がないと得点できず、難しい知識問題である。問6は易しめのデータ考察問題である。

【第6問】生命現象と物質、環境応答(タンパク質、スプライシング、光受容体)

 タンパク質の細胞内の分布や、スプライシング、光受容体に関する実験考察問題で、全体に難しめである。問1は実験の内容さえ理解できれば難しくはないが、文章がやや難しめで時間がかかるだろう。問2は、終止コドンより手前のアミノ酸数に気づくかどうかで正答を導くことができる。問3は、文章の内容を整理して、解釈するのに時間がかかり、失点した受験生が多かったであろう。

【第7問】生物の進化(進化と大気の変遷、地質時代、動物の系統、光合成色素)

 進化と系統に関する総合問題である。全体的に知識問題に偏っており、教科書レベルの知識がしっかりしていないと失点する。問1は教科書レベルの知識問題であり、易しめである。問2は、動物の系統樹をしっかり覚えきっていないと失点するだろう。問3は、緑藻、紅藻、褐藻の光合成知識と、図1を照らし合わせていけば難なく解ける。

新高3生へのアドバイス

◆大学入学共通テストとセンター試験について

 2021年1月にこれまでのセンター試験にかわって大学入学共通テストが実施されます。皆さんが受験するときは、センター試験ではなく、大学入学共通テスト(新テスト)にかわります。そこで、「センター試験を受けても意味がない」と思うかもしれませんが、そうではありません。

 大学入学共通テスト生物は、センター試験生物と同様、試験時間は60分ですが、内容は大きく異なります。大問は5題で、教科書の単元ごとの問題ではなく、総合問題が出題されます。また、平均得点率が50%とセンター試験(平均得点率60点に設定)よりも低く設定され、難度が高くなることが予想されます。知識問題では、単純に生物用語を問うものは一切なく、教科書の内容を理解しているかを問う文章選択問題が出題されます。これらの問題は生物用語を知っていることが前提になっていますので、用語を覚えなくてもいいというものではありません。むしろ、単純な用語を問う問題よりも難度は高いです。問題の主体は実験考察問題で、教科書の単元ごとではなく、総合問題になっていますので、教科書の全分野の理解が必要です。特に、仮説の設定など実験計画に関する出題は大学入学共通テスト独特のため、訓練が必要になるでしょう。

 一方、2020年で終了するセンター試験ですが、大問は6題で、教科書の「生命現象と物質」・「生殖と発生」・「生物の環境応答」・「生物と環境」・「生物の進化と系統」の五つの単元からまんべんなく出題されます。つまり、センター試験は、教科書全体から幅広く出題され、平均得点率が60%に設定されており、大学入学共通テストよりも解きやすい問題となっています。約半分程度は基本的な知識問題で、教科書で学習する用語をしっかりと覚え、教科書に載っている実験内容と結論をきちんと整理していれば容易に解ける問題です。残りは、実験考察問題や計算問題です。これらは教科書の基本的な知識を土台にしています。大学入学共通テストよりもセンター試験の方が知識問題、基礎的な内容に寄っていますので、大学入学共通テストに臨む前段階の、教科書の内容の理解をチェックするのに、非常に優れたツールになります。過去のセンター試験を大いに活用して共通テストに備えましょう。

◆模試を活用しよう!

 まずは、教科書の基本的な内容をしっかり学習していき、「全国統一高校生テスト」を含めて年間6回実施する、東進の「共通テスト本番レベル模試」を受験し、多くの問題演習を通して学習状況の確認をしていきましょう。

新高2生へのアドバイス

◆大学入学共通テストとセンター試験について

 2021年1月にこれまでのセンター試験にかわって大学入学共通テストが実施されます。皆さんが受験するときは、センター試験ではなく、大学入学共通テスト(新テスト)にかわります。そこで、「センター試験を受けても意味がない」と思うかもしれませんが、そうではありません。

 大学入学共通テスト生物は、センター試験生物と同様、試験時間は60分ですが、内容は大きく異なります。大問は5題で、教科書の単元ごとの問題ではなく、総合問題が出題されます。また、平均得点率が50%とセンター試験(平均得点率60点に設定)よりも低く設定され、難度が高くなることが予想されます。知識問題では、単純に生物用語を問うものは一切なく、教科書の内容を理解しているかを問う文章選択問題が出題されます。これらの問題は生物用語を知っていることが前提になっていますので、用語を覚えなくてもいいというものではありません。むしろ、単純な用語を問う問題よりも難度は高いです。問題の主体は実験考察問題で、教科書の単元ごとではなく、総合問題になっていますので、教科書の全分野の理解が必要です。特に、仮説の設定など実験計画に関する出題は大学入学共通テスト独特のため、訓練が必要になるでしょう。

 一方、2020年で終了するセンター試験ですが、大問は6題で、教科書の「生命現象と物質」・「生殖と発生」・「生物の環境応答」・「生物と環境」・「生物の進化と系統」の五つの単元からまんべんなく出題されます。つまり、センター試験は、教科書全体から幅広く出題され、平均得点率が60%に設定されており、大学入学共通テストよりも解きやすい問題となっています。約半分程度は基本的な知識問題で、教科書で学習する用語をしっかりと覚え、教科書に載っている実験内容と結論をきちんと整理していれば容易に解ける問題です。残りは、実験考察問題や計算問題です。これらは教科書の基本的な知識を土台にしています。大学入学共通テストよりもセンター試験の方が知識問題、基礎的な内容に寄っていますので、大学入学共通テストに臨む前段階の、教科書の内容の理解をチェックするのに、非常に優れたツールになります。過去のセンター試験を大いに活用して共通テストに備えましょう。

◆模試を活用しよう!

 まずは、教科書の基本的な内容をしっかり学習していき、「全国統一高校生テスト」を含めて年間6回実施する、東進の「共通テスト本番レベル模試」を受験し、多くの問題演習を通して学習状況の確認をしていきましょう。(東進ハイスクール提供)