[PR]

 中国中部の湖北省武漢市で集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、武漢市当局は20日未明、同市内で新たに1人が死亡し、感染者も136人増えたと発表した。これで新型肺炎による中国での死者は3人となり、市内で感染が確認された人は計198人となった。

 また、北京市、広東省深圳市でも計3人の感染が発表された。中国国内で武漢市以外での感染が確認されたのは初めてで、新型肺炎の感染拡大が明らかになってきた。(上海=宮嶋加菜子)