[PR]

 和歌山市内の水道管の漏水修繕工事のため、19日夜から22日夜まで市内約3万5千戸の範囲を対象に予定されていた断水は中止となった。市によると、19日夜に掘削したところ、基幹配水管(直径80センチ)ではなく、枝管(直径15センチ)からの漏水であることが判明したため、断水せずに修繕工事が終了したという。

 市は16日に断水の予定を発表。市内のスーパーなどでは、一時飲料水が品薄になるなどした。断水を前に住民が一斉に水をためるなどしたため使用が集中し、一部で濁り水が出たことなどから、20日朝から予定通り応急給水を実施した。同市の北川義倫さん(64)は「市からの連絡が急すぎた。3日間の断水ならば、もう少し早く通告してほしい」と話した。