パニック障害で呼吸困難も… IKKOさんを救った言葉

有料会員記事ニュース4U

聞き手・波多野大介
[PR]

 突然の発作で恐怖や不安に襲われる「パニック障害」。美容家のIKKOさん(58)はタレントのヘアメイクを担当していた裏方時代に発症し、テレビ番組に引っ張りだこになってからも20年近く、症状と向き合ってきました。「#ニュース4U」取材班が、その苦しみと身につけた対処法を聞きました。

IKKOさんとのやりとり

 いま考えますとね、いきなり発生したのではなかったという気がするんですよ。最初は39歳の11月だったと思います。その日は朝から顔色が悪いと言われていたけど、自分ではそんなつもりなかったんです。

 ヘアメイクを終えて、タレントさんを送り出すと、急に気持ち悪さが増しました。外で電話をしていたら後頭部のあたりが張るような感じがして。病院へ向かいましたが、渋滞にはまってしまった。閉所恐怖症もあるので、病院に着いた時には血圧が200を超えて脈拍もすごい数値。1週間入院しました。

 雨の日の高速が一番つらかったと言うIKKOさん。後半では、自らの経験と症状に苦しむ人たちに伝えたい言葉を動画でもご覧になれます。

 入院中は安心できたのですが…

この記事は有料会員記事です。残り2143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

#ニュース4U

#ニュース4U

「#N4U」取材班が読者の皆さんから身近な疑問や困りごとを募集し、SNSで情報交換しながら深掘り取材します。[記事一覧へ]