トミカつくって14年 車は「好きでも嫌いでもない」

有料記事

吉田貴司
[PR]

凄腕しごとにん

タカラトミー トミカ開発課 山之内宏行さん(51)

 子どもからお年寄りまで3世代のファンに愛されるタカラトミーの看板商品「トミカ」。その設計から生産までを管理する開発部門で14年間働き、送り出したトミカは派生シリーズなどを含めて約1千種にのぼる。トミカが産声を上げたのは1970年。乗用車の国内世帯普及率がまだ2割のころ、「フェアレディZ432」など6車種を発売した。その時代、時代の代表車種を再現する手のひらサイズのミニカーとして、今年50周年を迎えた。

 さぞクルマ好きだろうと思いきや、自身は「好きでも嫌いでもない」と素っ気ない。「好きだとこの仕事はきついのではないか」とすら言う。

 赤地に白抜きの番号が振られ…

この記事は有料記事です。残り1087文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!