研ぎ澄まされた造形感覚で長崎・軍艦島などをとらえ、戦後写真に新領域をひらいた写真家の奈良原一高(ならはら・いっこう、本名・楢原一高)さんが19日、心不全のため死去した。88歳だった。葬儀は家族で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻恵子さん。

 福岡県出身。中央大法学部時代から本格的に写真を撮り始め、早稲田大大学院で美術史を学んでいた1956年、軍艦島と鹿児島・桜島の生活を絵画的構成の画面に収めた個展「人間の土地」を発表。写真界に衝撃を与え、新世代の代表的存在として注目された。

 以後、修道院や女性刑務所の閉鎖空間をとらえたシリーズ「王国」や、62~65年のパリを中心とした欧州在住、70~74年のニューヨーク在住時に生まれた作品など被写体は多様だったが、乾いた詩情と静かな物語性が貫かれた。

 東松照明さん(故人)、細江英公さんらと、59年に写真家集団「VIVO」を結成するなど、戦後写真の転換点に大きな役割を果たしたほか、ファッション写真でも斬新な美意識で活躍。芸術選奨文部大臣賞や毎日芸術賞を受けたほか、九州産業大教授も務めた。

 15年ほど前にくも膜下出血で倒れ、都内で療養中だった。