[PR]

 2011年の豪雨災害で一部区間が不通になり、21年度中の復旧に向けて工事が進むJR只見線。福島県は青森、秋田両県の海岸線を走る五能線のような観光路線化を目指して、誘客策に取り組んでいる。乗客倍増が目標だが、実際の数字は伸びておらず、前途は険しい上り坂が続く。

拡大する写真・図版JR只見線の車内で東京からの旅行者に観光パンフレットを渡して説明する酒井治子さん(右)=福島県柳津町

 福島県が復旧工事の着工を前に18年3月にまとめた「只見線利活用計画」では、不通区間の会津川口―只見間(27・6キロ)の平均通過人員(1日1キロあたりの利用者数)を22年度に100人にすることが目標値として掲げられた。

 災害前の10年度は49人。現在は代行バスが走るが、18年度までの3年間は「37→30→28」と減少が続く。JR東日本仙台支社の坂井究支社長は「復旧直後だとブームが起きて、一時的に目標を達成できるかもしれないが、長続きさせることは容易でない。底上げに向け、長い目で検討しなければならない」と話す。

 福島県の利活用計画の柱のひと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら