「大寒」の20日未明、山口県防府市の春日神社で「大寒みそぎ」があった。11~84歳の男女99人が冷水につかって心身を清め、無病息災を祈った。
[PR]

 大寒の20日朝、山口県防府市の春日神社で「大寒みそぎ」があった。気温5・6度の境内で、11~84歳の男女99人が冷水につかり、無病息災を祈った。

 参加者は境内を走り回って体を温めた後、「えいっ!」のかけ声とともに井戸水をためた水槽(縦4メートル、横2メートル、深さ0・8メートル)に入り、約1分間手を合わせた。みそぎ後はたき火やおかゆで体を温めた。

 1978年の1回目から参加し続けているという地元の山縣稔さん(81)は「みそぎをしないと新年が始まらない。すっきりした」。みそぎは21、22日も朝夕2回ずつある。(礒部修作)