【動画】経済産業相を辞任後、初めて国会に登院した菅原一秀衆院議員=別宮潤一撮影
[PR]

 通常国会が20日召集され、公職選挙法違反をめぐる疑惑や、カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐる汚職事件との関わりが疑われている議員らが登院した。渦中の議員は疑惑について、捜査中などを理由にこの日も内容は語らなかった。国会期間中を通じ、説明責任を問われていくことになる。

 昨年の参院選で陣営が選挙違反をした疑いで事務所が家宅捜索を受けた自民党の河井案里参院議員は同日午前、関口昌一参院議員会長や世耕弘成参院幹事長らに国会内で現状について報告した。

 報告後、案里氏は記者団に「私自身が今回の事案を十分に把握しきれていない。不十分な説明しかできず、世間の皆様も納得していらっしゃらないだろうなと心苦しく思っている」と語った。

 昨年10月に法相を辞任した夫の克行衆院議員も国会内での取材に「政治不信を結果として招いていること、国会議員・法務大臣という要職にあった人間としておわびしたい」と頭を深く下げた。ただ、両氏ともに捜査中を理由に、詳細については語らなかった。

 秘書が選挙区の有権者に香典を渡していた疑惑などで昨年10月に経済産業相を辞任した菅原一秀氏は、約3カ月ぶりに報道陣の前に姿を現した。ただ、公選法違反容疑で告発されていることを理由に「適切な時期をみてしっかり説明させていただく」と述べるにとどめた。

 IR事業参入をめぐり、東京地検から任意の聴取を受けた議員6人は、いずれも関与を強く否定した。事務所の家宅捜索も受けた白須賀貴樹氏は国会内での記者団の問いかけに、一連の疑惑を「(収賄容疑で逮捕された)秋元司先生の事件」と表現。「コメントを控える」と繰り返した。

疑惑を持たれている議員の20日のコメント

【公職選挙法違反疑惑】

河井克行氏(法相を辞任) 刑事事件として捜査が始まっており、影響を与えるようなことは慎むよう弁護士から言われているので、私の所感、考えを述べることは控えたいと存じます。捜査には全面的に協力させていただきます

河井案里氏(事務所に家宅捜索)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら